其之壱 ボネリムシ

 ダイビングに慣れるまでは、けっして目に留まることはない生き物が数多くいます。

 このボネリムシもそのひとつ。リーフ際などの浅いところで、岩の隙間から先がT字型になった管状の体を出しています。

 こ、これって虫なの??

 いえ、いわゆる昆虫という意味での虫ではありません。でもれっきとした動物です。
 その証拠に、触れるとあっという間にピューーッと引っ込んでしまいます。

 このボネリムシ、こうやって姿を確認できるのは全部メス。
 オスはというと、深海に住むチョウチンアンコウのように、まるで寄生虫かと見まがうほどの単なる付属物に過ぎない程度のサイズだそうです。

 物の本によると、オスのサイズはメスの500分の1だそうで、体のどこかにピトッとくっついているとのこと。

 さて、このボネリムシのメスは、ビヨヨ〜ンと体をだしていったい何をしているのでしょうか。

 それは食事です。
 T字型になっている部分をよく見てみましょう。

 ほら、砂粒がたくさん載っているでしょう?

 これは巻き上がった砂が積もってしまったのではなく、能動的に砂粒を乗せているのです。
 さらにじっくり見てみると、この砂粒、ジワリジワリと移動していることがわかります。

 そうです。ボネリムシは、T字型の部分で砂粒を拾い集め、管状になった部分をベルトコンベアーのようにして岩陰の中にある体部分に運んでいるのです。

 砂粒にまとわりついている有機物が彼らの栄養源。つまり、彼らもナマコたち同様、海の砂をきれいにしてくれている生き物なのです。

 ところで、普段は管状の部分しか目にできないこのボネリムシ、体ははたしてどんな形なのでしょうか。

 僕も長らく疑問に思っていましたが、あるときなぜか全身をあらわにしている小型のボネリムシを見つけてしまいました。
 それがこれです。

 

 ああ、なんと単純な形……。