其之十九 口中のエイリアン

 もう随分前のことになる。
 当時、シーズンになると、決まって同じポイントの浅いところにベラギンポ(おそらくリュウグウベラギンポ)がたくさん出現した。

 ベラギンポは、砂地の上に全身を現している姿も美しいけれど、身の危険を感じた場合など、砂から顔だけ出してあたりをうかがっている様子も面白い。

 上の写真を撮ったときも、見つけたベラギンポをしばしの間眺めていたのだが……

 ん?

 なんだか様子がおかしい。
 意味もなくずっと口が半開きなのである。
 そのためか、他の個体に比べて動きがやや緩慢なように見える。
 どうしたのだろう??

 とりあえずカメラを構え、顔だけ出して口を半開きにしている彼をファインダーで覗いてみた。すると……

 なんじゃこりゃ!?

 なんとベラギンポの口の中から、正体不明の物体が不気味な複眼を覗かせているではないか!!
 どう見てもこれは生き物であろう。そして、ベラギンポが口内保育をする魚ではないのであれば―――というか、たとえ口内保育をする魚であったとしても子供が複眼であるはずはないんだけど―――これはつまり寄生虫ってこと!!

 なんと迷惑な寄生位置………。

 この写真を撮った当時、当サイトのニュースコーナーで紹介し、その正体の情報を求めたものの、その後ついに判明していない。

 判明はしていないのだが、昨年(2004年)お盆に開かれたクロワッサン「コスゲさん漫談スライドショー」において、コスゲさんが見せてくださった写真の一つに、この正体不明の寄生虫が写っていた。
 それも、クマノミの口の中。
 どうやら、宿主は砂地にいる魚…というわけではないらしい。

 そして今年のGWでは、ついに3例目を目撃してしまった。
 宿主はタテジマヘビギンポである。
 他の2例に比べると、比較にならないほど小さな魚であるにもかかわらず、まったく同じ物体が同じポーズでタテジマヘビギンポの口の中におさまっていたのだ。
 どう考えても、サイズ的にこれ以上の成長は見込めないというのに………。

 こいつらは………いったいなんじゃこりゃ!?
 ひょっとして、昨今増えているという口半開き若者の口の中でも、こいつらがひそかに複眼を覗かせているのだろうか………。

 ※追記
 後日、この稿をご覧になった読者から、このエイリアンの正体をご教示いただいた。
 どうやらこの口中のエイリアンの正体は、ウオノエという生き物らしい。ウオノエとはつまり魚の餌という意味だろうか。
 釣りをされる方にはおなじみの生き物らしく、「ウオノエ」で検索してみると、出てくる出てくる、意外にメジャーな生き物らしい。詳しいことを知りたい方は、さっそくネットで調べてみてね。