其之十四 ひもむし

 前回のユキミノガイの仲間もそうだけど、光を好まない生き物というのは、日中石の下の暗いところに潜んでいる。

 そのため本来であればよほどの大波が来ない限りその安住の地を追われることはないはずだったのに、マニアックな生き物好きダイバーが我も我もと石をひっくり返すので、彼ら誇り高き日陰者は非常に迷惑を蒙っている。

 そんな生き物のひとつが写真の彼だ。
 一見するとデジカメか何かのストラップがほどけて落っこちているかのように見えるけれど、実はムニョムニョ動いている。
 石の下でじっとしていたのに、いきなり苦手な白昼にさらけ出されてしまったのだもの、そりゃあウニョウニョ動くだろうなぁ…。

 キンチャクガニ会いたさに、期待に胸を膨らませてめくった石の下に50センチくらいあるこんなものがウニョウニョしていたら……。
 うら若き女性ならずともすぐさま石を元に戻したくなることだろう。
 まぁ、それがこの生き物にとってもシアワセにつながるだろうから、じっくり観察してあげてなどとはあえて言わない。

 さて、この生き物はなにか。
 もともと僕も生き物好きとはいえ、世の中の生きとし生けるものすべてに興味を注いでいたわけではないし、当コーナーで紹介している生物たちなんて、生態的にも分類学的にも昔はまったく縁がなかった。

 一方、うちの奥さんももともと生き物好きである。おまけに生物学科卒である。いうなれば専門家である。

 そのため、僕としてはいろいろその知識を頼ることが多く、たとえば上のような生き物を見つけた場合など、これは何?とまずうちの奥さんに訊いてみるのだ。
 訊いてもわからなければ調べる、という順序なので、訊いて答が返ってくれば、それはそのまま僕の知識として蓄積されていく。
 やせたし枯れたけどさすが生物学科である。

 が。
 そうやって教えてもらったものの多くが、実は調べてみるとかなりいいかげんであったことが次々に判明してきた。
 
 この写真の生き物も然り。
 これまでこの生き物はカセミミズとして認識していたのに、実はまったく異なる生き物「ヒモムシ」の仲間だったのだ。

 ヒモムシの仲間たちは、紐形動物門というグループに属する。
 門というのは、界−門−綱−目−科−属−種と並ぶ生物分類単位の上から2番目だ。
 上から2番目というのがどれくらい大きな分類単位かというと、我々ヒトが属する脊椎動物門を考えたらわかりやすい。ハダカハオコゼもモリアオガエルもハブもオウムもヒトもみ〜んな同じ仲間になるのである。

 つまり紐形動物門のヒモムシを軟体動物門のカセミミズと間違えていたというのは、ヒラムシを人類と間違えるくらいの大マチガイだったのだ!!

 これまでこの生き物を見ていただいたゲストはさすがに数えるほどしかいらっしゃらないものの、ずっとカセミミズとお伝えしていたのは間違いない。
 思い当たる方は今すぐにログブックを取り出し、名前を訂正しておくことをオススメする。というか、ゴメンナサイ……。