其之二十三 バブルのシミ

 バブルコーラル、もしくはタマゴヒレサンゴと呼ばれるサンゴは、知らない方が見たら何かの卵としか思えない形をしている。

 でもそこには小さなエビやゴミのようなカニが隠れていたり、ガラス細工のようなハゼが乗っかっていることもあるため、カメラを抱えた多くのダイバーにチェックされる機会が多い。
 かなり有名なサンゴなのだ。

 そんなバブルコーラルの表面に、シミのようなものがついているのをご覧になったことがあるだろうか(写真上)。

 沖縄のような亜熱帯地方よりも、より南方の熱帯域のほうがその頻度は高いようで、南方の海で撮影された写真では、表面全部がシミだらけ、というものもよく目にしたことがあった。

 そういった写真を観るたびに、熱帯のバブルコーラルには変な模様がつくのだなぁ、と軽く考えていたものだった。

 まさかそのシミが生き物だったとは!!

 それを教えてくださったのは、ご存知我らがコスゲさん。
 毎夏恒例のコスゲさんのスライド漫談ショーinクロワッサンにて、バリだったかどこかの海で撮られた写真で教えてくださったのだった。

 それ以来、潜るたびにバブルコーラルチェック。
 さすがに南洋の暖かい海で暮らすバブルコーラルとは違い、水納島で見られるものは、表面にウジャウジャと…というわけにはいかないものの、注意して見るとたしかに、表面にこのシミをつけたバブルちゃんをときおり見かける。

 このシミが生き物かどうかというのは、実際に海中で見ればすぐにわかる。
 なにしろ移動速度が思いのほか速い。
 チョン、と触れてみると、ムニョニョニョニョニョニョ………とサンゴの表面を移動する。

 残念ながらこの場にて動画をご覧いただくことができないので、その動きで生き物であると認識していただくわけにはいかない。
 でも、この写真をご覧いただければ一目瞭然。

 暗闇にきらりと光る二つの目。
 どうみても生き物でしょう?

 この点が本当に目かどうかは知らないけれど、彼はヒラムシの仲間なのだそうだ。ヒラムシといえば、ウミウシにそっくりな模様をしていながら、ウミウシとはまったく異なるグループの生き物。
 こうしてバブルコーラルの表面にいる姿を見れば、明らかに違う系統の生き物であることがよくわかるのだった。 

 それにしても、なんの情報もない中でこのシミを生き物だと気づくためには、余程の好奇心と粘り強さと、それ以上のイタズラ心ななければならなかったことだろう。
 たしかに、コスゲさんほど適した人はいない………。

 追記(2014年)

 その後このような生き物の研究も着々と進んだようで、アカデミズムの第一線にいるワカ氏によると、現在ではこれらはワミノアと呼ばれており、ヒラムシの仲間ではなく、系統的にはより人間側?に近づいた「無腸動物門」というグループになるそうだ。