其之十七 饅頭怖い

 上の写真は、ご存知マンジュウヒトデである。
 ご存知……といっていいくらいけっこう有名ではあるのだが、その実、100本近く潜っている人でもその名をご存知ではない、ということもある。
 そういう意味では、このヒトデの存在自体をなんじゃこりゃ?のネタにしてもいいのかもしれない。

 けれどこの写真でご紹介したいのは、このヒトデの名ではない。何をやっているか、である。

 写真をよくご覧いただくとおわかりいただけるかもしれない。ほら、サンゴの上に乗っかっているでしょ。
 そう、マンジュウヒトデがミドリイシ(サンゴ)を食べているところなのだ。

 え!?マンジュウヒトデってサンゴを食べるの??

 てっきりそういうことは周知の事実なのだとばかり思っていたところ、先日あるベテランダイバーの方から「初めて聞いた!」という話を聞き、マンジュウヒトデがサンゴを食べるというのはあまり有名な話ではないということを知った。

 であれば、マンジュウヒトデがサンゴに乗っかってこんなことをしているシーンを目撃したら、それこそ

 なんじゃこりゃ?

 でしょう?

 サンゴを食べるといっても、せいぜい握り拳大のミドリイシに限られる。とはいえ、現在着々と…というか、遅々として進まないサンゴの回復途上にある水納島周辺の海では、せっかく握り拳大に育ったサンゴを食べてしまう憎いヤツ、ということになる。

 食べ方はオニヒトデと同様なのだろうか、ひっくり返してみるとこんな感じになっている。

 オニヒトデとは違っておちょぼ口(?)なので、そんなに胃袋を広げない。だからこそ握り拳大程度のサイズしか食べられないのだろう。

 オニヒトデと違うのは、食べ方だけではない。
 いくらサンゴを食べる憎いヤツであろうとも、さすがにこのお饅頭をギッタギタに切り刻む気にはなれない。その風貌からくる人徳(?)であろうか。

 もっとも、オニヒトデに比べるとサンゴの被害は微々たるものだし、ひっくり返すと高確率でヒトデヤドリエビがいるというありがたいヒトデでもある。
 ちょっとだけサンゴを食べて、僕らをたくさん楽しませてもらいたい………。