其之十六 ミギーの眼

 「寄生獣」という漫画をご存知だろうか。
 人間に寄生する地球外生命体と人間との対決を描いた、青春パニックホラーアクション人情巨編である(それこそなんじゃそりゃ?)。

 で、主人公の相棒役として登場するのが、ミギーという愛称の寄生獣。
 本来は宿主の脳に入り込んで宿主を乗っ取るという寄生方法をとるはずだったのが、幸か不幸か主人公の右手だけに留められてしまった。そのため主人公と主人公の右手はそれぞれ別の人格を有し、ついにはよき相棒となる。

 右手は人格だけではなく、形状までミギーの意思ひとつでいくらでも動作したり変形することができ、ときには地球外生命体っぽい形になったりする。
 そのミギーの眼。それにそっくりなものを海の中で見ることができるのだ。

 ……いささか前フリが長くなってしまった。
 ようするに写真の眼がミギーの眼にそっくりだという話である。
 ところで、この眼の持ち主はいったい誰かおわかりだろうか?

 ゴホウラガイである。
 そう、貝なのだ。
 本当は一対なのでもうひとつ眼があるのだが、うまい具合に両目を納めた写真がなかった。下の写真で雰囲気だけでも伝わるだろうか…。

 貝に眼があるなんてあんまり普段意識しないから、ひとたびこれを眼だと知ると、貝に抱いていたキャラクターが激変する。
 目は口ほどにものを言う、というけれど、たしかにこんな眼で見つめられると、貝の「意思」を感じないわけにはいかない。

 マガキガイやクモガイ、ゴホウラガイ、スイジガイなどなど、この手の仲間にくっきりとした眼がついている。
 マガキガイなんて、美味しいから僕らも含めて島の人たちはみんな海を歩いて拾い集めるんだけれど、人々の手が伸びてくるとき、きっとこの眼で悲しそうな表情を作っているに違いない……。

 そんな眼で見つめられても、あなたはマガキガイを獲ることができるか?

 きっとできるであろう。だってとっても美味しいんだもの………。