其之二十 ミステリーホール

 水納島の周囲に広がる白い砂底には様々な生き物が息づいている。
 それらはたいてい砂の上に姿を現している……と思われがちだが、数で言うなら砂の中でひっそりと暮らしている生き物たちのほうが圧倒的に多い。

 その多くは目に見えないほどの小ささでありながら、顕微鏡的大画面で見ると宇宙怪獣なみにキテレツな容姿であったりする。

 知らなきゃよかった……

 …的なトンデモ生物が、あなたが手をついたその砂地に蠢いているのである。

 さて、そんな目に見えない生き物のほかに気になるのが、いったい何がいるのだろう?という気にさせられる「穴」だ。

 砂地には穴が多い。

 ガーデンイールの穴しかり、ハゼ&エビの巣穴しかり、トゲアナエビの美しくもまっすぐなタテ穴しかり……。

 これらの穴は、最初は「?」と思っても、潜っているうちにその正体が明らかになってくる。
 ところが、中にはどれだけ潜っても謎のままの穴がある。

 それが写真の穴だ。
 5〜7個ほどの穴がひとところに集まっていて、時にはそれが意味のある形のように配列されていたりする。人が人ならそれをして「遺跡だ!」と言い出しかねないほどに美しいものもある(穴の直径はせいぜい2センチほどなので、遺跡という人はいないと思うけど……)。

 砂地で潜っていると、まず間違いなく目にすることができるからけっして珍しいものではない。しかし、そこからこの穴の「主」が顔をのぞかせているのを観たことは一度もない。

 昔と違い、世の中にはありとあらゆる図鑑が出ているけれど、それらは生き物自体の図鑑であって、それらの「巣」が系統的に載っている図鑑はまずない。
 そのため、ひょっとすると「主」はありふれた生き物かもしれないのだが、穴はいまだになんじゃこりゃ?のままなのであった。