其之八 剛毛君

 砂地の根のちょっとした岩陰でたまに見られるこの生き物、海中でチラッと見ると、一瞬シャコか何かのように見える。
 
 けれど、よく見るとイバラカンザシと同じように一対のエラ(?)を管から出しているのがわかる
(サイズもイバラカンザシと同じくらい)
 ただ、イバラカンザシのような繊細なものではなく、なんだか剛毛のようなので便宜上ここでは剛毛君と呼ぶ。

 見れば見るほど不思議な形なので、いったいこの生き物の構造はどうなっているのだろうかと近寄ってじっくり見てみたくなる。
 しかし、イバラカンザシに似ているだけあって、うかつに近寄ると彼はその2本の剛毛アームをサッと管のなかに引っ込めてしまう。
 
 観察するにも写真を撮るにも慎重に接近しなければならない。こういうのをじっくり見たい、撮りたいという人がいれば、だけど……。

 こんな生き物を載せている日本の図鑑なんてまずないので、長い間我々にとって謎の生き物だったのだが、さすが変人文化が成長する欧米である。こんなヘンテコな生き物ですら載っている洋書の図鑑があった。
 それによると…

 Unidentified Sabellarid

 なんだよ、Unidentifiedなんじゃないか……。
 謎は謎のままなのだ。

 ちなみにSabellaridというのはSabellaridaeという科に含まれる一種ということだろう。サンドグレイン・チューブワームと総称される生き物のグループである。ファン・ワームと呼ばれるイバラカンザシやケヤリムシとやはり近縁であるらしい。

 その洋書によれば、It is unusual in appearance とあった。なるほど、たしかに水納島ではそんな感じだ。

 しかし、以前行ったソロモンの海底には、この生き物がかなりの高密度で生えていた場所があった。
 それも根の岩陰とかではなく、やや斜度の強い砂底一面に、である。
 これは火山灰が堆積した土壌成分に関係があるのだろうか。

 謎はますます深まるばかり。
 逆にいえば、海にはまだまだ身近なところで謎がたくさん残っているということでもある。

 でも…。
 こんな生き物を好きこのんで研究しようという人は、なかなか日本にはいないのだろうなぁ……。