其之参 オオバロニア

 サンゴや岩のちょっとした陰や隙間に、ポコンとくっついている暗緑色の玉。

 「ほら、あれが黒真珠です!!」

 と指差すと、途端に目の色を変えてむしりとろうとするゲスト……。
 お約束の「ウソ」に、ダイビング100本未満のゲスト100人中1人はひっかかってくれます(笑)。

 でも、残りの99人の方々がこの玉の正体を知っているのかというと、そういうわけでもありません。
 ではこの玉の正体は??

 この玉は、もちろん黒真珠でも石でも何かの卵でもなく、なんと海藻なんです。

 こんな形をしていて何の得があるのか、なにが便利なのかはわかりませんが、海藻という概念を大きく覆し、喜びと感動を与えてくれる(?)不思議な生き物であることはたしかです。

 その証拠に、山渓フィールドガイドブックス「サンゴ礁の生きもの」という図鑑では、他の生き物の解説コメントは、ほぼすべて無味乾燥ないわゆる図鑑的説明ばかりなのに対し、このオオバロニアの項だけは、

 「……この種が見られれば感動ものである。」

 と、執筆者の熱い息づかいが感じられる主観が書かれています。
 さあ、みなさんも感動してください(笑)。

 ところで、その図鑑の中での4行にも満たない解説によると、なんとこのオオバロニアは単細胞体なのだそうです。
 直径2センチほどもある単細胞!!オオバロニアに限っては、「この単細胞!!」という罵倒は痛くも痒くもないのでしょう。

 この単細胞の玉はいったいどうなっているのでしょうか。
 心ないダイバー(僕のことです)は、むんずとつかんで見てみることにしました。

 付着しているところからもぎ取った段階で、ややしぼんでしまいます。そこに圧力を加えてみるとそれまでのパツンパツンのお肌に戻り、さらに圧力を加えると……

 パンッ!!

 という音はしませんが、まるで紙風船が破けるように破裂します。緑色の液体が流出……。光合成をつかさどる葉緑体でしょうか。

 あらかた中身が出てしまうと、それまで暗緑色に見えていた外側の膜が、実は薄い透明なビニールのようなものであることに気づきます。
 暗緑色に見えるのは、中身の色、つまり細胞内のいろんなグッズの色だったのです。
 よい子はけっして真似しないようにしましょう……。