其之二十一 ピョンピョン虫

 写真に写っているヘンテコなモノはひとまずおく。
 まずは背後の黒いものはなんでしょう??

 実はこれ、ナマコ。
 ナマコの表面を撮っているわけ。

 近頃は猫も杓子もマニアックダイバーになってしまい、昔だったら「あ、ナマコ。」で終わっていたナマコたちも、訪れるダイバーというダイバーに、いじくり倒されひっくり返され、おちおち海底でのんびりしていられなくなっている。

 仕事柄そんなダイバーの1人でもある僕は、やむを得ず、そう、やむを得ずナマコをひっくり返すことが多い。
 そして、そこにいる小さな、それでいてアップで撮るとそれはそれは美しい、もしくは可愛い、様々なエビカニたちと出会う。

 でも、さすがに百発百中というわけではない。
 いかにナマコが我慢強かろうと、隠れているつもりのエビカニたちにとっては、頻繁にひっくり返されて白日の下にさらされてばかりいるナマコには住みづらい。
 訪れるダイバーが増えれば増えるほど、目当てのエビカニ発見率は減っていく。

 多くの人は、目当てのエビカニがいないと知ると、ナマコを無造作にポイと捨てる。
 でも、海の生き物とは「目当てのエビカニ」ばかりではない。

 さて、ここで写真のヘンテコクリーチャーの登場だ。
 この羽子板の羽のようなものは、紛れもない動物である。その大きさ、およそ1ミリ。気にしなければまったくその存在に気づかないかもしれない。
 しかし彼らは、時にピョンピョンピョンピョンナマコの表面を高速で激しく動き回るのだ。

 いったい、なんじゃこりゃ??

 わからないので、ピョンピョン虫と名付けた。
 ちなみに、拡大するとこんな形をしている。

 こうして写真で見ると、なにやら可愛げがなくもないけれど、写真は一部を切り取っているだけだからこんなものなのであって、これらが時には局所的に、ビッシリとナマコの表面を覆っていたりするのだ。
 ハッキリ言って……

 キモイ。

 あまりに速いので、どっち向きに動いていたか記憶がはなはだあいまいなのだが、おそらく丸いほうが前だと思われる。
 パッと見節足動物に見えるこのクリーチャー、その昔はこの方面に人一倍詳しかったうちの奥さんによれば、コペポーダの類ではないかという。であれば、羽子板の羽部分は卵だろうとも。
 なるほど、そういわれてみると卵のように見える。

 ま、ナマコは苦手……という人には一生縁が無い生き物であることだけはたしかなようだ。

 追記

 その後時代はさらに進み、今ではこういったミクロの住人までが、レジャーダイバーの興味の対象になっている。
 なかでもヒトデにつくことがおおいこの子が人気のようだ。