其之五 砂茶碗

 時として自然は、えもいわれぬ造形美を作り出す。
 それらはあまりにも完璧すぎて、逆に人工的なものなのではないかとさえ思えるほどだ。

 柱状節理や畳石など、大地の営みが形作る壮大なものから、小さなハチの蜂の巣、さらに幾何学模様の極地ともいえる現生放散虫の骨格などなど、どれもこれも背後にナニモノかの意思があるとしか思えないくらい。

 写真の不思議的物体は、直径数センチ〜10センチくらいの大きさで、砂地で潜っているとそこかしこで見ることができるものである。
 写真のようにポンッと置いてあるような状態なら見つけやすいけど、たいてい周りの砂が少しかぶっているので、知らないとついつい見過ごしてしまいがちだ。

 この美しい形状の物体はいったいなんだろうか。

 手にとってみると、わりとしっかりしていることがわかる。
 中央の輪の中に指を通して持ち上げても、まったく形が崩れない。
 見た感じは砂を固めたとしか思えないコイツの正体は……?

 これが実は貝の卵であると知ったときにはかなり驚いた。
 ツメタガイの仲間の卵なのである。
 むろんこれ全体が卵なのではない。砂を粘液で固めて造形しつつ、その砂の中にまぶすように卵を産み付けてあるらしい。
 砂の中にまぶすというのはわかるにしても、なんでまたここまで美しくする必要があるのだろうか……。

 厳密にいうと、ツメタガイの卵は写真下のようなもので、何重にも巻かれておらず、周囲にヒダヒダが無い。
 ツメタガイの卵はその形から「砂茶碗」とも呼ばれているので、写真上の卵はさしずめ砂茶碗ヒダヒダバージョンといったところか。