其之十八 恐怖の添加物

 まさか、この細長い魚は何でしょう?ということを問いたいわけではない。
 注目していただきたいのは、ほら、このヘラヤガラの体表に浮き出た白い点々…。

 熱帯魚を飼っている人、飼ったことがある人であれば必ず知っている魚の病気の一つに、白点病というのがある。
 繊毛虫の病原体が魚に寄生することにより発症する病気だ。体力の弱っているところに発症するため、放っておくと魚が命を落とす原因ともなる。

 ある日突然、水槽内の魚たちが白いブツブツだらけだった……。

 そんな経験をお持ちの方が上の写真のような魚を見れば、思わず身震いすることだろう。なんじゃこりゃああああ〜って。

 ……が、この写真の白い点々は白点病ではない。
 他の稿同様、科学的に調査したわけではないので断言はできないのだけれど、この白い点々つきの魚たちは、餌付けを行っている周辺でよく見られる。

 このヘラヤガラが直接人の手から餌を得ているとは思えないものの、ある意味食物連鎖の頂点付近にいるハンターだから、彼の餌となった魚たちの中には、人から餌を得ているものも少なからず含まれていたことだろう。

 クロワッサンでは餌付けを一切行っていないけれど、本島その他から水納島にやってくるマリンレジャー業者の中には、平気で餌付けを行っている店が少なくない。

 自然観察での餌付けということそのものも、たとえばアフリカのサバンナまで行って檻の中のライオンを見たいか?ということと同じ意味で否定するべき愚行なのだが、餌付け用の餌そのものが大変害のあるものである、という問題がある。

 餌付けにはよくソーセージが使われる。
 魚肉だなんだと言い訳めいたことを言ってはいても、もともと人間用の食品である以上、なんだかんだといろいろな化学物質が入っていたりする。
 その添加物は、はたして魚たちにとってどうなのか?

 あらゆるお客さんに餌付けされまくっているビーチの中のハナアイゴを見てみると、本来薄いブルーであるはずの体側に、まるで太陽の黒点のような黒い斑点がたくさんある。
 上の写真のように白いブツブツがついている魚もチラホラ………。

 繰り返すが、科学的調査をした結果ではない。
 お役所がよくいうところの、「因果関係」はハッキリしない。
 ―――だからまだ餌付けはしてもいい
 ―――だけどもう餌付けはしないほうがいい

 結局のところ、一人一人がどう考えるかってことなんですけどね……。