其之六 海毛虫

 砂地のポイントで潜っていると、一見何もいないように見える砂底に、実に多種多様な生き物が蠢いていることがわかる。

 写真の生き物を始めてみたときは、一瞬我が目を疑った。

 「毛虫が海に!?」

 実はその名も「ウミケムシ」なのだった。 

 ウミケムシはゴカイと同じ多毛類で、ウミケムシ目ウミケムシ科に属する。なんと120種もいるそうだ。写真のウミケムシがいったいどの種類なのかは知らない。

 総じてウミケムシ類にはその毛に毒があるらしい。
 身近に刺されたというオロカモノがいないので詳しい症状は知らないけれど、かなりひどく痛むようである。
 ナニモノであっても触ってみたくて気がすまないという感触フェチの方は気をつけよう。

 写真のウミケムシは、なにやら魚のフンを食べていたらしく、モゾモゾモゾと動いていた。昼間から出歩いているところをみると、この種類に関しては特に夜行性ではないということだろうか。

 こんな生き物、知っている人なんてそんなに多くないだろうと思いきや、ウミケムシで検索してみるとかなり多くのサイトがヒットしたので驚いた。
 なかには当コーナーをご覧になっているみなさんと同じように物好きなダイバーのサイトもあったけれど、多かったのは釣りのサイトである。このウミケムシ、投げ釣りなどの外道としてかかってくるらしい。

 写真の個体はせいぜい2センチほどだったけど、種類によっては13センチにもなるという。そんなのが針にかかってたらやだなぁ……。
 おまけにストロングな毒があるから、危険な生物として釣り人の間では広く認識されているようだ。

 陸の毛虫といえば、文字通り毛嫌いされる要素満点の生き物。でも彼らは大人になれば空に羽ばたいていく。

 ウミケムシも、ひょっとしてこの後サナギになり、サンゴの枝間を飛び交うチョウチョウウオに変身…
 
 ……するわけないよねぇ。