其之十三 にせキンチャクガニ

 ダイビングで極めて微小な生物の観察をするというのは、昔はかなり限られた人々だけ、いわゆる変態的マニアの楽しみだった。

 ところが今では猫も杓子もウォッチング、ウォッチング。
 舞い踊る魚たちだけでは飽き足らず、人目につかないようひっそりと暮らしているものを、わざわざそこからひっぺがしてまで見る人たちもいるという。

 ファンダイビング中に石をひっくり返して何かを探すってことのきっかけになってしまったものの一つが、キンチャクガ二であるといえる。
 比較的浅いところにゴロゴロしている平たい石をめくると出会えるチャンスが増すので、このカニ見たさに大勢のダイバーがわれもわれもと石をめくるようになった。

 石をめくれば100パーセントの確率でキンチャクガニが出てきてくれるなら苦労はないのだが、あいにくそんなに次々に出てきてくれるものではない。
 そのかわり、陰日性のナマコやゴカイなどなど、普段目にしないような奇怪な生物=このコーナーの主役たちをたくさん見ることになる。

 写真のユキミノガイの仲間もその一つ。
 キンチャクガニを探しているときにこの貝が出てくると、その模様のせいで一瞬「キンチャクガニ!!」と思ってしまう。まぎらわしいったらない。

 いくらなんでも貝をカニとは間違えないだろうと思われるかもしれない。
 しかし二枚貝であるこの貝は、能動的に移動、もしくは泳ぐのである。上下の貝殻をふいごのように開閉して水流を作り、フゴフゴフゴとかなりアクティブに動くのだ。

 石をひっくり返してそんな動きをするこの模様の生物を見たら……キンチャクガニと思うでしょう?
 え?思わない?

 ま、たしかに触手の端から端まで
4センチくらいあるから、冷静に考えたらたとえ一瞬でもキンチャクガニと見間違うサイズではない。でも冷静ではない僕にとってコイツは偽キンチャクガニなのである。

 今やキンチャクガニはすっかり有名になっているので、それを探す過程でこの貝と出会っている方はけっこう多いと思う。
 その生態を思えば、キンチャクガニと同じくらいにスター性充分だと思うのだが、いかんせんダイビング雑誌ではなかなか取り上げられないからスターにはならないのだった。

 そのため、出会う頻度はキンチャクガニより高いかもしれないのに、認知度でいうとキンチャクガニよりはるかに低い。
 いつの日か、キンチャクガニが偽ユキミノガイ扱いになる日をめざし、今日もユキミノガイはフゴフゴフゴと……。

 ちなみにこのユキミノガイの仲間は、能動的に暗いところを目指して移動する。だからこうやって写真を撮ろうとすると、フゴフゴフゴと動いてすぐに石の下に潜ろうとする。
 そんなとき、コイツを撮りやすい位置に戻そうとしてうかつに触るとやっかいなことになる。なにしろこの貝の触手(?)はベタベタとくっつくのだ。

 くっつくだけならともかく、くっついたらすぐさま千切れる。
 ちょこっと触っただけなのに指に何本も千切れた触手がくっついていると、なんともいえない心苦しさが残ってしまう。

 また、写真のようにこんな日の当たる場所にいつまでもグズグズ放っておくと、目ざといオグロトラギスたちがすぐさま近づいてくる。
 ベタベタくっつく触手が自己防衛になんらかの役割を果たすのかと思いきや、彼らはあっさりとトラギスに食べられてしまう。

 以上を考えると、ユキミノガイたちにとってはあまりスターになって探し回られないほうがシアワセといえるかもしれないけれど、とにかく写真を撮るにも観察するにも、いたずらに触れることなく、なおかつ周囲に充分気を配ってからにしてあげよう。