ファンダイビングの1日
島にご宿泊の場合

 クロワッサンアイランドでのファンダイビングはすべてボートダイビングで、1本潜り終えるごとに島に戻り、各自で休憩をとっていただきます。

 以下は、ファンダイビングをなさるゲストの一般的な1日の予定です。
 予約状況によって多少かわりますので、あくまでもご参考までに……。

 1本目……午前9時30分〜10時、もしくは11時頃出港

 民宿の朝食は、だいたい8時前後です。
 その日朝の便で到着されるゲストがいらっしゃらない場合は10時前後、朝の便でお越しになるゲストがいらっしゃる場合は11時頃が一本目の出航時刻の目安です。

 9時〜9時半頃までに器材を民宿の所定の位置(事前にお伝えいたします)に置いておいてください。スタッフが回収し、船まで運びます。
 重いカメラなど、ご自身で持ち運ぶには重いものも合わせて回収いたします。

 民宿から桟橋までは歩いて3〜5分ほどですので、事前にお伝えしている出航時刻に合わせ、器材のセッティングが間に合う頃合を見計らって、当店のダイビングボートが泊まっている桟橋脇までのんびり歩いてお越しください。

 2本目……午後1時もしくは1時30分〜2時出港

 1本目終了後はお昼食時間を兼ねた休憩タイムになります。島内の海の家やパーラーで軽食をおとりいただけます。

 3本目……はありません。

 当店では健康のためダイビングは1日2本、ということを奨励しています。せっかく休みを取ってやってきた沖縄、せめて3本は潜りたいという方のほうが一般的には多いのはよく承知しておりますが、ナニゴトも腹八分目がシアワセのヒケツなのです。

 ロギングタイム…… 午後8時30分〜午前0時の間

 民宿での夕食が終わり、人心地つけたあとはクロワッサンアイランドの母屋にてロギングタイムという名のお酒タイムになります(出せるお酒は泡盛のみですが…)。
 もちろん、お酒を飲まない方もご遠慮なくお越しください。

 健康のため、終了時刻は遅くとも12時を目安にしています。
 ちなみに、参加を強制するものではありませんので、お疲れの場合やそのような座がお嫌いな方は、宿でごゆっくりお休みください(その旨事前にご連絡いただけますとありがたいです)。

 
日帰りでお越しの方は、お帰り前の清算時に軽くログ付けを行えます。

ファンダイビングに際し
お気をつけいただきたいこと

 安全に関するスタッフの注意、指示は確実に守ってください。

健康状態
 
スクーバダイビングは、快適そうな見かけと異なり、高圧下に身を置くことになるため陸上にはない負担を体にかけることになります。
 お仕事で忙しすぎたり、遊びすぎて疲れていたりすると、海中でどのような異変をきたすかわかりません。
 20代の頃なら多少の無理はきいても、齢を重ねるごとに体が気持ちについていかなくなります。
 せっかくのお休み、せっかくの沖縄旅行、1日たりとも無駄にしたくないお気持ちはわかりますが、ご自身の健康状態や体調にはくれぐれもご留意くださいますようお願いいたします。

 また、過度のアルコール摂取は、生命の危険につながります。当日の飲酒はもちろんのこと、前日の(無理な)飲酒もお控えください。

各種保険の加入
 
実施中、お客様の安全に対しては万全を期しています。
 しかし、自然相手のレジャーである以上、万一、万万が一、ということも起こり得ます。最近ではダイバー用の保険もあり、また昔と違い一般の傷害保険でも割増料金の必要なくダイビングによる死亡・傷害などに適用できるようになっていますので、加入しておくと万一の際にも安心です。

未成年者の場合はお申し込みに際し保護者の承諾書
 
これも万一の場合に備えてのものですが、保険と違い、受講者が万一に備えるものではなく、当店が万一の場合に備えるものであることをご了承ください。